ホーム>korko blog

korko blog

汗&ニオイに負けない!

 

 こんにちは! korkoの小林です。

汗の匂いや化粧崩れ、汗ジミなど、なにかと不快感を感じやすくなる季節が始まりますね。汗には、水に近い状態で出る「サラサラ汗」と塩分などが含まれて出る「ベトベト汗」の2との汗があります。ベトベト汗には、埃や汚れが付きやすくなります。また、皮膚表面がアルカリ性に傾き、皮膚の常在菌も繁殖しやすくなる上に汗の匂いが気になるなど、肌バランスが崩れやすくなってしまうんです。

(美肌キープの*ベトベト汗対策*3つ) 1)、汗拭きタオルを「保冷剤」と持ち歩く、保冷剤を固く絞った濡れハンカチに包んで、チャック付きの袋に入れて持ち歩いてみましょう。汗を拭き取れる上に、雑菌の繁殖、匂い対策にもなります。メイク崩れ対策にも◎   2)「美しい背中」には汗対策必須、暑くてもシャツの下に直ブラジャーはNG。背中は汗をかきやすく、ニキビやトラブルが起こりやすいところです。背中の上部に出やすいので、清潔にすることを心がけましょう。ただ、ゴシゴシと強い刺激を与えると黒ずみの原因にも、インナーにも工夫を、綿素材や吸乾、速乾性など考慮しトラブルを未然に防げるだけではなく、衣服内の湿度を調整し快適に過ごせます。   3)おしゃれが台無しに「洋服の汗ジミ」対策、制汗剤もスプレー、ステック、クリームなど、様々なタイプが販売されています。洋服の汗ジミには脇あて「パット」がおすすめです。 こまめな汗対策がニオイ防止の鍵です。 一番の匂い対策は、汗をかいたらなるべく早くこまめに汗を拭き取ることで、匂いも気にならなくなります。汗と上手に付き合ってこそ、大人の女性と呼べますよね。無理せず、出来ることからはじめましょう。

これからは、頭からの汗も気になりますね、頭皮の毛穴が皮脂や汚れで詰まっていると、ニオイの原因に、「ヘッドスパ」で気持ち良くマッサージ! キレイになって、保湿!

是非、korkoにお越し下さい。

お電話でのご予約もお受けしております。 TEL 03-3603-1255 心よりお待ちしております。

ダイエットの味方!春野菜レシピ

 

 こんにちは! korkoの小林です。

日中は、コートが要らないくらい暖かくなってきました。だんだんと薄着になる時期、ダイエットを意識する人もきっと多いでしょう。 栄養満点でヘルシーな野菜料理が1品増えれば、栄養の偏りがかたよりがなくなるのはもちろんのこと、暴飲暴食予防につながってダイエットに一石二鳥ですよね。

●春野菜を使った簡単ヘルシーペシピ**1)春キャベツとしらすの無限サラダ**よく噛まないと飲み込めない「キャベツ」は咀嚼回数が多く、満腹中枢が刺激される事で暴飲暴食予防にもつながります。捨ててしまいがちな芯は、「カルシウム」や「カリウム」などのミネラルが結球葉の約2倍も含まれています。削ぎ切りなどにして使うと良いですね (材料、2人分)春キャベツ 4分の1  しらす 適宜  (A)ごま油、白ごま、醤油、酢、砂糖 各大さじ1   すりおろしニンニク 適宜   (作り方)水洗いした春キャベツを水気を切り手で食べやすい大きさにきります。ボウルにキャベツとしらす、(A)を入れて混ぜ合わせ味をまじませたら完成です。     2)タケノコの簡単シュウマイ**「食物繊維」が豊富なタケノコには、食後血糖の急上昇を抑制したり、糖質の吸収をゆるやかにする働きがあります。  (材料、2人分)ひき肉 200g  タマネギ 4分の1個  タケノコ(煮たもの、水煮でも良い)50g  シュウマイの皮  (A)砂糖、醤油 各大さじ1  片栗粉 大さじ2  ごま油 ひとまわし  鶏がらスープの素 適宜  (作り方)ボウルにひき肉、みじん切りしたタマネギとタケノコ、(A)を入れ混ぜ合わせます。それを、シュウマイの皮に包み、キャベツなどを敷いたフライパンにいれます。 水50~100mlを入れ、フタをして焼く10分蒸したら完成です。

 春野菜を上手く活用して健康的にダイエット出来ると嬉しいですね。と、同時に頭皮や髪の毛もキレイにしませんか?  是非、korkoにお越し下さい。リフレッシュしましょう!!

お電話でもご予約をお受けしております。 TEL 03-3603-1255 心よりお待ちしております。

電車の居眠りが太る原因に!?

 

 こんにちは! korkoの小林です。

暖かくなって春の装いから、初夏めいてきましたね、薄着の準備も兼ねてダイエットを決意し始める方も多くなるのではないでしょうか? 今までも決意してはなかなか結果が出せなくてお困りの方、もしかしたら、その努力の裏には無意識のうちに行ってしまっている「太りやすい行動」が悪影響を及ぼしているかもしれません。

(1)無意識のうちに、甘いものを口にしていませんか?、スィーツを控えていても甘い飲み物や、コーヒーや紅茶に砂糖を入れてしまう。(2)おにぎりだけ、麺類でけといった食事にかたよりがち。「たんぱく質」「ビタミン」「ミネラル」といった代謝アップに必要な栄養素が不足です。サラダやゆで卵などを加えバランス良く。(3)よく噛まない、食事時間が早い。1口最低30回の咀嚼を。(4)朝の通勤電車で居眠りをする。代謝の良い身体作りでは朝しっかり目を覚まして活動モードに入る事が大切。(5)冷たい飲み物が好き。内臓が冷えると代謝が下がります。(6)コンビニのお惣菜、お弁当をよく買っている。食品添加物を身体に取り入れると肝臓に負担がかかり、代謝も悪くなります。(7)水を飲む習慣がない。カフェインを含まないミネラルウォーターをきちんと飲んで身体をしっかり潤す習慣を。(8)湯船に浸からず、シャワーでけ。湯船で温まることで得られる血流の促進や基礎代謝アップのチャンスを逃しています。(9)果物をあまり食べない。「ビタミン」や「ミネラル」「食物繊維」が沢山摂れてダイエットのためのメリットも。(10)必要以上にストイックな食生活を心掛ける。厳しすぎる食事制限は必ずストレスが溜まってしまい逆効果に、ときには好きなものを食べて自分にご褒美をあげて下さい。

 自分へのご褒美に美味しい食事も良いですが、キレイになる事もご褒美ですよね!キレイなるとテンションも上がりよりダイエットへの意欲も湧くのでは!?

是非、korkoにお越し下さい!

お電話でのご予約もお受けしております。 TEL 03-3603-1255 心よりお待ちしております。

 

 

 

カロリーダウンに◎「筍」腸活レシピ

 

 こんにちは! korkoの小林です。

「筍」は春が旬です。筍料理の悩みで意外と多いのが、余ってしまった筍の使い道です。余った少量の筍だからこそ作れるヘルシーレシピをご紹介します。

●腸内環境を整えるのに最適!?・・筍には、腸のぜん動運動を活発にして、便通を促す働きのある「不溶性食物繊維」と、糖質の吸収を緩やかにして食後血糖値の急上昇を抑制する「水溶性食物繊維」の両方が含まれています。なので、腸内環境を整え、ダイエットや便秘解消に役立つ野菜です。 よく噛まないと飲み込めないことから咀嚼回数UPも無理なく狙える食材です。噛む回数が増えると満腹中枢を刺激して暴飲暴食予防になります。

1)筍バーグ・・材料(2人)・ひき肉200g ・たまねび2分の1個  ・筍(水煮)50g ・卵 2分の1個 ・塩、コショウ 適宜 ・オイル 適宜  ・・作り方・・(1)筍とタマネギはみじん切にします。 (2)ボウルにひき肉と(1)、卵、塩、コショウを入れ、よくこねあわせたら食べやすい大きさに成型します。 (3)フライパンにいれたオイルを熱し、(2)を両面焼いて中まで火を通したら完成です。

2)筍と厚揚げのサラダ・・材料(2人)・水煮 筍 適宜  ・水菜 100~150g(筍の量によって調整する) ・厚揚げ 1枚  (A)・ポン酢 ・オリーブオイル 各大さじ1  ・・作り方・・(1)厚揚げと筍それぞれ食べやすい大きさに切り、それぞれ油を敷かずにフライパンで両面グリルします。(2)水洗いした水菜を4~5センチに切って水気をきっておく。(3)お皿に食材を盛り付け、よく混ぜ合わせ(A)をまわしかけて完成です。

 旬の筍を自宅でヘルシー調理も良いですが、たまにはプロの味も堪能したいですよね!

気持ち良く気分を上げてのお出かけには、ヘアースタイルもキレイに極めて行きませんか?

お電話でもご予約をお受けしております。 TEL 03-3603-1255 心よりお待ちしております。

肌ツヤを失うNG食習慣!

 

 こんにちは! korkoの小林です。

肌ツヤが失われるのは、年齢のせいだと諦めていませんか?実は、普段の食生活や間違ったダイエットで肌つやが失われることもあるのです。 肌ツヤがなくなる「NG食習慣」と、肌ツヤの為に必要な栄養素についてご紹介!

1)糖質の摂り過ぎ・・ご飯、麺類、パンが大好きな人は要注意です。糖質を摂りすぎると「糖化」を招き、肌の乾燥やシワ、黄ぐすみやたるみにつながります。  「糖化」とは、体内の余分な糖とたんぱく質が結合すること。これにより、AGE(終末糖化産物)と呼ばれる老化促進物質が作られることがあります。褐色のAGEが肌に影響を与えると、肌ツヤが失われるのです。  糖質の取り過ぎを防ぐには、「食物繊維」をプラスしましょう。食物繊維は糖質の吸収を抑える働きがあります。また、排便を促し、肌荒れの原因となる老廃物を排出する働きもあります。

2)単品ダイエットや無理な食事制限・・「単品ダイエット」や「断食」などの、無理な食事制限によって栄養が不足すると、美肌に必要な栄養が行き渡らなくなり、肌ツヤが失われます。  「脂質は太る」と思われがちですが、それは間違いです。脂質はエネルギーとして使用されるので、必ずしも太るとは限りません。 脂質は細胞や女性ホルモンのもととなる、肌そのものをつくる物質でもあります。 美肌の為には、オリーブオイルやごま油のような「良質な油」を摂ることも必要です。青魚に含まれる「オメガ3系の油」もおすすめです。

 毎日の食事で美肌と健康をキープする事は、なかなか大変ですね。日々の疲れでさぼって手を抜いてしまうことも多いのでは?  そんな時は、もちもち・ふわふわ泡の洗顔エステで、お顔の毛穴に詰まった皮脂や化粧カスを取り除き、くすみの無い美白にリセットしませんか?!

お電話でもご予約をお受けしております。 TEL 03-3603-1255 心よりお待ちしております。

免疫バランスを整える「お茶」

 

 こんにちは! korkoの小林です。

季節の変わり目は、なんとなく体調がすぐれない方が増える時ですね。寒暖差が著しく身体のバランスを崩しやすい季節です。 いつもより身体が疲れていると感じる方は、免疫バランスを整えるお茶を取り入れてみましょう。

●「免疫バランスを整えるお茶」3つ・・1)エキナセア・・ハーブティーとして古くから愛飲されています。花や葉をハーブティーにしたものと、根をハーブティーにしたものがあります。特に、免疫力を高める効果が高いとされているのが、根をハーブティーにしたものです。 ちょっと体調を崩しそうな気配を感じたら、エキナセアの根のハーブティーがおすすめです。  2)モリンガ・・「奇跡の木」えおも呼ばれるモリンガ。とても栄養バランスの良いハーブティーです。ビタミン、ミネラル、アミノ酸が豊富に含まれ、リラックス成分として知られているGABAも豊富に含まれています。 気持ちが疲れていると感じている方は、モリンガティーでリラックスしてみましょう。  3)水出し緑茶・・カテキンやビタミンCなど、抗菌作用のある成分が含まれています。 普通に飲んでも抗菌効果が期待出来る緑茶ですが、水出しすることで免疫力をアップさせる効果が期待できるそうです。 カテキンにはいくつかの種類があり、特に免疫に働きかけるカテキンは、水で出すことで、よりお茶に抽出され、免疫に働きかける効果の高まることがわかっています。 また、ビタミンCも熱による破壊が少なく抽出されますから、美容にも◎。

水分補給は必ず毎日行います。季節の変わり目に、体調を崩さないように、お茶で免疫をサポートしてみてはいかがでしょうか。

それでも疲れはなかなか癒されない時は、是非、korkoにお越し下さい。

「ヘッドマッサージ」で頭をほぐして、疲れを癒してみませんか?  「ヘッドスパ」で頭皮と髪の毛の保湿&トリートメントもいかがでしょうか?

お電話でもご予約をお受けしております。 TEL 03-3603-1255 心よりお待ちしております。

早食いはダイエットの大敵!

 

 こんにちは! korkoの小林です。

太りやすい人ほど、何故か早食いの傾向があります。ですから痩せたいのなら、まずはゆっくりと食事の時間をとることが早道です。

●満腹サインが届くまでには時間がかかる!・・食べ物を食べてから、満腹中枢に「お腹いっぱい」のサインが届くまでには、ある程度の時間が必要です。このサインを待たずに食べ続けてしまうと、食べ過ぎてしまい、早食いで太ってしまう理由です。

●早食いは中性脂肪を増やす原因に!?・・急いで食べると血糖値が上がりやすくなります。上がれば当然下げる必要があります。その為には「インスリン」の力が必要です。ところがこのインスリンは、働くほど、中性脂肪が増える作用があるのです。更に早く食べると飲み込む空気量も多くなり、お腹のガスが増える原因になりお腹が出てしまうのです。

●早食いを治す3つの方法・・1)とにかく良く噛む・最低ひと口30回を目標に。歯ごたえのある食材も、沢山取り入れましょう。  2)小さめのスプーン、フォークを使う・何度も口に運ぶことになり、必然的に食事の時間が長くなります。 3)なるべく、ひとりで食事をするのを避ける・ひとりで食べると、どうしても早食いの傾向になりがちです。誰かとの会話を楽しむことも、食事のうちと考えるのもいいでしょう。

急いで食べるほどに、胃や腸にも負担がかかり、消化も悪くなってしまいます。ゆっくり食事をすることは、自分の身体を大切にする行為でもあるのです。

 寒暖差の激しいこの頃も、週間天気予報でもやっと暖かい日が多くなってきましたね。そうなると、自然と外に、、外食など、遊びに、出たくなりますね。  お友達や家族とゆっくり外食も良いのではないでしょうか。 その前に身だしなみチェック!! 是非、korkoにお越し下さい。キレイになってからお出かけしませんか。

お電話でもご予約をお受けしております。 TEL 03-36-3-1255 心よりお待ちしております。

ダイエット中もOKなおやつ!

 

 こんにちは! korkoの小林です。

もともとおやつは、3食では栄養がまかなえない子供のもの。成人女性には必要のないものと言われていますが、それでは心が折れてしまいます。ならば、太りにくく満足感もしっかりあって、更にデトックス効果も期待できるものをいただければいいのです。  ダイエットのサポートにもなる、おやつ選びのポイントをご紹介します。

●砂糖と油がどちらも使われているものは避ける!・・理由は、砂糖を摂ると血糖値が上がる事にあります。血糖値を正常な値に下げようとインスリンというホルモンが分泌されますが、脂肪の合成を促す働きも持っているので、油が体内に取り込まれると、あっと言う間に体脂肪として体に蓄えられてしまうのです。 ですから、洋菓子よりも和菓子の方が太りにくいとされる理由もここにあるのです。

●甘いものが欲しい時は、かぼちゃ&さつまいも・・自然な甘みもありながら、ビタミンと食物繊維もたっぷりな素敵な食材です。電子レンジでホクホクにふかし、ほんの少しのバターとメイプルシロップを落とすだけで食べごたえも十分、デトックス効果も狙えます。  このメープルシロップはミネラル、ビタミン、アミノ酸が豊富に含まれているうえ、砂糖よりカロリーが少なく、日常の食事で不足しがちな、たんぱく質や糖質の代謝に不可欠な亜鉛や、余分な塩分を排出してむくみを防いでくれるカリウムといった、美しさに欠かせない栄養素をバランス良く含んでいます。最上の甘味料です。

●塩気が欲しい時は、手作りポップコーン・・自宅で作れば、塩分も油分も調節できますし、食物繊維もたっぷりで、カレーパウダーやチリペッパー、シナモンやバジルなどお好みのスパイスを振れば、おしゃれな一品に!!

太りにくく身体の事を考えたスィーツも良いのですが、たまには外食&スィーツも行きたいですよね!  そんな時、身だしなみチェックも忘れずに!  是非、korkoにお越し下さい。 お電話でもご予約をお受けしております。 TEL 03-3603-1255  心よりお待ちしております。

春疲れ改善&代謝アップ

 

 日中は随分と暖かくなり、春を感じる日も多くなってきました。しかし、朝晩は寒い日もまだまだあり、寒暖差から体調不良にお悩みの方も多いのでは・・春に旬を迎える新タマネギには、春疲れ改善や代謝アップに役立つと考えられています。

●新タマネギの特徴と栄養・・独特の辛味と香りのもとは「アリシン」という成分です。疲労回復に必要な「ビタミンB1」の吸収率を高めたり、新陳代謝を活発にする働きがあります。アリシンは水に溶けやすく加熱に弱い性質があり、生で食べることがおすすめです。 新タマネギは辛味が少なく柔らかいので、サラダなどの生食にむいています。 そのサラダにビタミンB1を多く含む豚肉や大豆などを加えて食べると利用効率が上がるので試してみて下さい。

●「新タマネギ」の活用春レシピ・・(1)新タマネギのマリネ・・材料(2人分)・新タマネギ 1個   A ・ごま油 ・砂糖 ・醤油 ・酢 を各大さじ2  ・塩 適宜  ・・作り方・・1)新タマネギは出来るだけ薄くスライスします。辛味が苦手な人はさっと水にさらして下さい。 2)Aを入れたボウルに 1)のタマネギを入れ、しっかりと味をなじませたら完成です。

 お料理好きな方は、もっといろいろなレシピをお持ちになられているのではないでしょうか? 新タマネギを生食で上手に食べて、体調不良を吹き飛ばしてしまいましょう!

 体調改善の後はヘアースタイルも改善しませんか?

是非、korkoにお越し下さい。お電話でもご予約をお受けしております。

  TEL 03-3603-1255 心よりお待ちしております。

汚れたパフで肌トラブルに!?

 

 こんにちは! korkoの小林です。

肌トラブルで悩んでいる方のメイクポーチを見ると、中が乱雑な傾向が多々あります。意外と忘れがちなメイク道具のケアを、この機会に見直してみませんか?

●汚れたメイク道具は雑菌のすみか・・化粧品の成分や皮脂で汚れたスポンジやブラシは雑菌だらけになり、そのままメイクすると肌に雑菌がつくことになります。 皮脂や下地クリームなどの油分がついたままの状態で、パウダーファンデーションやアイシャドウを使い続けると「ケーキング」といって、ファンデーションなどの表面が固まってしまう現象が起きてしまいます。 表面が固まった時は、カッターや綿棒などで表面を軽く削って使用しましょう。

●スポンジ・メイクパフは1週間に一回お手入れを・・表面が汚れたら洗い時。メイク道具専用クリーナーや中性洗剤を薄めたものを使用し、メイク小道具を洗浄・除菌しましょう。  (スポンジ・メイクパフのお手入れ法)指のはらで汚れをもみ出すように洗い、洗剤が残らないようによくすすぎ、水気をきります。ティッシュまたはタオルの上に並べて陰干しして、乾いたら使用します。  (ブラシのお手入れ法)使う度に粉をはらい、ティッシュで軽く拭き取る程度でOKです。毎日洗う必要はありませんが、臭いや汚れが気になったら洗いましょう。 ボウルにぬるま湯をはり、毛先を十分に濡らします、ぬるま湯を取替え、専用クリーナー又は無香料の石鹸などで石鹸水を作ります。石鹸水の中でブラシの根元から親指のはらで汚れを押し出すように洗います。ボウルのお湯を取替えながら、汚れた水や石鹸水が出なくなるまで丁寧にすすぎます。ティッシュやタオルで水気を良く切り、毛先を整えてタオルの上に並べて陰干しで乾かします。 「陰干し」がポイントです。

メイク道具のお手入れを万全に出来ましたら、お肌のお手入れも・・是非、korkoでもちもち・ふわふわ泡の洗顔エステはいかがでしょうか?毛穴に詰まった化粧カスや皮脂を取り除き、もちもち・プルプル肌に!!

お電話でもご予約をお受けしております。 TEL 03-3603-1255 心よりお待ちしております。