ホーム>korko blog>スタッフブログ>カロリーダウンに◎「筍」腸活レシピ
スタッフブログ

カロリーダウンに◎「筍」腸活レシピ

 

 こんにちは! korkoの小林です。

「筍」は春が旬です。筍料理の悩みで意外と多いのが、余ってしまった筍の使い道です。余った少量の筍だからこそ作れるヘルシーレシピをご紹介します。

●腸内環境を整えるのに最適!?・・筍には、腸のぜん動運動を活発にして、便通を促す働きのある「不溶性食物繊維」と、糖質の吸収を緩やかにして食後血糖値の急上昇を抑制する「水溶性食物繊維」の両方が含まれています。なので、腸内環境を整え、ダイエットや便秘解消に役立つ野菜です。 よく噛まないと飲み込めないことから咀嚼回数UPも無理なく狙える食材です。噛む回数が増えると満腹中枢を刺激して暴飲暴食予防になります。

1)筍バーグ・・材料(2人)・ひき肉200g ・たまねび2分の1個  ・筍(水煮)50g ・卵 2分の1個 ・塩、コショウ 適宜 ・オイル 適宜  ・・作り方・・(1)筍とタマネギはみじん切にします。 (2)ボウルにひき肉と(1)、卵、塩、コショウを入れ、よくこねあわせたら食べやすい大きさに成型します。 (3)フライパンにいれたオイルを熱し、(2)を両面焼いて中まで火を通したら完成です。

2)筍と厚揚げのサラダ・・材料(2人)・水煮 筍 適宜  ・水菜 100~150g(筍の量によって調整する) ・厚揚げ 1枚  (A)・ポン酢 ・オリーブオイル 各大さじ1  ・・作り方・・(1)厚揚げと筍それぞれ食べやすい大きさに切り、それぞれ油を敷かずにフライパンで両面グリルします。(2)水洗いした水菜を4~5センチに切って水気をきっておく。(3)お皿に食材を盛り付け、よく混ぜ合わせ(A)をまわしかけて完成です。

 旬の筍を自宅でヘルシー調理も良いですが、たまにはプロの味も堪能したいですよね!

気持ち良く気分を上げてのお出かけには、ヘアースタイルもキレイに極めて行きませんか?

お電話でもご予約をお受けしております。 TEL 03-3603-1255 心よりお待ちしております。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.korko.tokyo/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/367