ホーム>korko blog>スタッフブログ>新生活疲労は〇〇不足が原因?
スタッフブログ

新生活疲労は〇〇不足が原因?

 こんにちは! korkoの小林です。

春になり、新しい環境や人間関係に神経をつかい、疲労が溜まっているという方も少なくないのでは。 うつと間違えがちな疲労感のなかには、栄養素が不足している可能性もあるのだそうです。

●「新生活疲労」とは?**就職や転勤、昇進などをきっかけに、やる気満々だった人が、突然起きられなくなる、一晩寝ても疲れが取れず元気が無くなる、という、春に増える疲労症状のことだそうです。 うつと間違えやすいこれらの疲労感は、実は栄養失調で起きている場合が多いといわれています。

●ビタミンBとミネラルの大量消費で疲労感が増幅**責任感とプレッシャーから、必要以上に仕事に集中すると、神経の働きを正常に保つ働きのあるビタミンBやミネラルを大量に消費してしまいます。その結果、エネルギー不足が起こり、強い疲労感や抑うつ感を引き起こします。 現代版栄養失調です。

●春にやりがち!ビタミンBを過剰に消費してしまう行動とは?**1)気合が空回りしてストレス過多に  2)歓送迎会などでの過剰なアルコール摂取  3)糖質多めの簡単な食事ばかり  

●ビタミンB不足を防ぐ食生活とは?**「アルコールを過剰摂取しない」「糖質を摂り過ぎない」「たんぱく質多めの食事を心がける」  「全ての血液栄養素欠乏症の予兆として、{疲労感、抑うつ感}があります。その予兆に対して、早めの対処が必要です。」

 天候不順、寒暖差でも疲れてしまいますよね。気を付けていても、なかなか対処も大変!!  そんな時は、どうぞkorkoに起こし下さい。 「ヘッドマッサージ」で頭をほぐして、リラックス!!

お電話でもご予約をお受けしております。 TEL 03-3603-1255 心よりお待ちしております。

尚、13日(月)~21日(火)まで、一部内装工事の為、連休、させて頂きます。

ご不便をおかけしますが、宜しくお願い致します。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.korko.tokyo/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/378