ホーム>korko blog>スタッフブログ>白湯は本当に体にいいの?
スタッフブログ

白湯は本当に体にいいの?

 こんにちは! korkoの小林です。

白湯ブームの傍らで、一部では「白湯は健康に悪い」という説があるようです。結論から言うと、白湯が健康に悪いということわありません。 飲みすぎによるリスクを強いて挙げるとすれば、病的なむくみのある場合、むくみが悪化する可能性があります。しかし普通に仕事や日常生活を送れている方達にとってのデメリットはトイレが近くなること位でしょう。頻繁にトイレに立つと仕事に多少差し障りがあるという方もいるかもしれかせんが、体にとっては良いことです。

「白湯の飲みすぎが原因でガンになる」と言うのはウソ!!**説の元は、水道水のトリハロメタン沸騰させることで濃縮される...といったことを心配して出てきた説かも知れません。一生飲み続けたとしても問題のない濃度です。

「白湯の飲みすぎが免疫力を下げる」と言うのはウソ!!**元々は水ですから、大丈夫です。

「白湯が制限されるケース...病的なむくみや腎臓病がある場合は医師に確認を**病的なむくみがある場合は、水分制限と利尿剤などのクスリで治療しますので、多くの白湯で水分を補給することはNGです。  腎臓は血液をろ過して尿を作る臓器ですので、白湯を飲んで尿量が増えると腎臓にも負担がかかることがあります。

 正式な文献などで発表されているものではありませんが、人体の構造や栄養学的な視点から考えれば、白湯を飲むとその分水分が補給され、体の中の老廃物などの体外への排泄が進みます。老廃物が適切に排泄されることで、回りまわって免疫力が上がることも期待できるかもしれません。

 白湯効果で身体の中からデトックス! キレイを体現しながらヘアースタイルもキレイに極めたら、これからの暑さも乗り越えられそうですね!

どうぞ、korkoにお越しください。 お電話でもご予約をお受けしております。 TEL 03-3603-1255  心よりお待ちしております。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.korko.tokyo/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/381