ホーム>新着情報

新着情報

腸活に◎な味噌汁の具材

 

 こんにちは! KORKOの小林です。

腸活に役立つ食材はたくさんありますが、毎日いくつもの食材を使って料理を作るのは大変ですよね。 そんな時におすすめなのが、具だくさんお味噌汁。 いろいろな具材を入れることで、一品でもバランスが良く、腸活に役立つお味噌汁になります。

●腸活に◎!お味噌汁に入れたい食材5つ・・・(1)納豆・・大豆由来の食物繊維と納豆菌という有用菌を一緒に摂る事が出来る、優秀な腸活食材です。 お味噌汁に入れる事で、納豆独特のネバリが弱まりますから、納豆が苦手な方にも食べやすいと感じるかも知れません。 (2)卵・・たんぱく質のバランスの良い食材です。 一般的なお味噌汁の具材ですと、どうしても、たんぱく質が不足しがちです。朝のお味噌汁に卵を一つ加えることで、たんぱく質もしっかり摂れるお味噌汁に早変わり。 (3)もち麦・・善玉菌のエサとなる水溶性食物繊維が多いことで知られています。そのまま食べるのが苦手な方でも、お味噌汁に入れてしまえば、具材の一つとして食べやすくなります。 (4)アボカド・・「腸内細菌のエサとなる水溶性食物繊維」「腸のぜん動運動をサポートする不溶性食物繊維」「抗酸化力の高いビタミン」など、美容と健康に役立つ栄養素が詰まっています。 少し固めのアボカドを、食べやすい大きさに切ってお味噌汁に入れてみましょう。案外お味噌汁との相性も良いんですよ。 (5)切り干し大根・・大根を干している為、食物繊維が凝縮されています。サッと洗った切り干し大根をお味噌汁に入れれば、食物繊維たっぷりのお味噌汁が簡単に出来上がります。  寒い季節は、腸活食材をたっぷり入れた具だくさんのお味噌汁で、朝はしっかり身体を温めてスタートさせたいですね。

まだまだ、寒い日が多いですが、しっかり腸活して健康に乗り切りたいですね。

健康に気をつけながら、外見も整えて春を迎えませんか?

是非、KORKOにお越し下さい。乾燥した頭皮やヘアーに「ヘッドスパ」や「ヘアートリートメント」でツヤツヤに、ヘアカラーは褪色していませんか?

お電話でもご予約をお受けしております。 TEL 03-3603-1255 心よりお待ちしております。

外食時に出来る、減塩のコツ

 

 こんにちは! KORKOの小林です。

仕事が終わる頃に、足ののむくみを感じたり、朝起きた時に顔のむくみを感じる。そんな経験のある方も多いのでは? 塩分の摂り過ぎは、むくみの原因の一つです。 自炊では減塩に気をつけることができても、外食となると減塩は難しいと諦めている方が多いかもしれません。

●1日7gまで!? 和洋中ごとの減塩のコツ

「和食店での減塩のコツ」・・・和食は意外と塩分が高いことをご存知ですか? 塩や醤油を使った料理が多く、気つ”かないうちに塩分を摂り過ぎてしまう可能性があります。特に汁物は1杯あたり約1.5gの塩分が含まれています。1日に2杯飲んでしまうと4割の塩分を摂ってしまうことに。しっかりとお出しを摂っているお店を選び、汁物は1日1杯、もしくは、朝食時と夕食時など半量を2回に分けていただくのもおすすめです。

「洋食店での減塩のコツ」・・・塩分が多く含まれているものに、ドレッシングがあります。サラダの注文時、ドレッシングがかかっている場合は別添えしてもらえるか尋ねる。または、ドレッシングをかけずメインの料理と一緒に食べるなど工夫しましょう。

「中華料理店での減塩のコツ」・・・塩分は、カリウムを十分に摂っていると、体内の塩分を体外へ排出してくれる働きがあります。多く含んでいるものは、ほうれん草、大豆、里芋、さつま芋、キノコ類、果物など。ラーメンよりは野菜がたっぷり入ったタンメンや、一品料理は、酢豚より八宝菜など、野菜をたっぷり摂れる1品をプラスしてみて下さい。

女性の1日の塩分摂取量の目標は7gに対し、現在日本人の塩分摂取量の平均は10gです。外食でもちょっとした工夫で塩分を減らすことができます。外食も楽しみながら減塩に挑戦してみましょう。

加齢とともに、成人病も気になるこの頃ですね。 日頃から気をつけることで健康な身体をキープしていきたいですね。  髪の毛や頭皮も日頃からのお手入れが大切です。とうぞ、KORKOにお越し下さい。  ヘッドスパやヘアートリートメンとでヘアケア、頭皮ケアをしませんか!?

お電話でもご予約をお受けしております。 TEL 03-3603-1255 心よりお待ちしております。

下半身ほっそり!股関節ストレッチ

 

 こんにちは! KORKOの小林です。

「下半身をスッキリさせたい」という声をよくお聞きします。筋トレで引き締めることも大切ですが、同時に「股関節」の柔軟性を高めると、老廃物が排出しやすくなり、スッキリとした下半身に近ずくことができます。

●股関節が硬いと何がよくないの?・・・以下のトラブルが出てくる可能性があります。  ・O脚やX脚を誘発する ・ひざに負担がかかる ・冷え性を誘発する ・太りやすくなる ・むくみやすくなる ・腰痛を誘発する ・猫背になりやすい  股関節が硬いと、下半身の筋肉をダイナミックに動かすことが出来ません。 また、関節の可動域が狭いと筋肉を大きく効果的に使えないので、巡りが悪く太りやすくなり、むくみやすい状態になります。

●股関節の柔軟性を高めるエクササイズ・・・(1)脚を腰幅に広げ、イスや壁に手をそえます。 (2)膝を曲げ、股関節よりも高い位置に引き上げます。 (3)股関節を中心に外回しを20回行います。 (4)反対側も同様に行いましょう。  ポイントは、膝が、股関節よりも高い位置にくるように大きく回すことです。

股関節の柔軟性が影響を及ぼすのは、下半身の動きに限りません。股関節が硬く下半身の動きが安定しないと、骨盤や腰などにも影響を及ぼし、悪い姿勢のもとになります。  メリットがいっぱいの股関節のエクササイズを、是非、習慣に!!

 春が近ずけば、だんだん薄着に・・もこもこになっていた下半身もスカートやスッキリした服装になってお出かけしたくなりますよね! エクササイズでスッキリ!!

ヘアースタイルもスッキリ、春らしくチェンジしてみてはいかがでしょうか?  是非、KORKOにお越し下さい。 キレイになって春を向かえませんか!?

お電話でもご予約をお受けしております。 TEL 03-3603-1255 心よりお待ちしております。

頭皮の乾燥で老け見えに!?

 

 こんにちは! KORKOの小林です。

冬は、頭皮の乾燥にも悩まされますよね。 そのままにしていると、頭皮だけでなく肌の老化も進んでしまいます。

●頭皮を保湿したい理由・・・頭皮と顔は、1枚の皮でつながっています。そのため、頭皮が乾燥すると、顔もカサカサ肌になる場合があります。 また、フケやかゆみの原因となり、髪の毛にも影響してきます。頭皮環境を良くするためにも、保湿は大切です。

●頭皮の保湿術3つ・・・(1)頭皮用スプレー・・お風呂上りは、皮膚が急速に乾燥します。そのため、お風呂上りに頭皮用の保湿スプレーをすることをおすすめします。 (2)オイルマッサージ・・頭皮の血行が良くなり、保湿にもなります。お風呂に入りながらのマッサージは効果がアップしますよ。また、シャンプー前にマッサージを行うと、蒸気で頭皮の毛穴が開くので、毛穴に詰まった汚れをラクに落とすことができます。 (3)パック・・地肌用のパックをすると、頭皮や髪の毛のアンチエイジングに効果があります。週に1~2回行えば、頭皮のスペシャルケアになります。 おすすめのパックの仕方は、シャンプー後に、「パック+ホットタオル」です。パックの栄養成分が、より浸透しやすくなります。

肌と同じで、頭皮もしっかりケアすることで、老化を防ぐことができます。 この時期は特に乾燥しやすいので、しっかり頭皮を保湿してあげたいものですね。

とは言っても毎日、もしくは定期的に自分でするのが面倒と思っている方も多いのではないでしょうか?  そんな時は是非! KORKOにお越し下さい。 「ヘッドスパ」で頭皮の毛穴に詰まった、汚れや皮脂を取り除きながら保湿ケア!同時にリラックスも出来ますよ!

自宅でも簡単に出来る、頭皮のケア商品「クオレ 薬用サイトプラインMX」や「クオレ 薬用スキャルプファインチャージMX」もご用意しております。

お電話でもご予約をお受けしております。 TEL 03-3603-1255 

   心よりお待ちしております。

ヨーグルトを味噌汁に!?

 

 こんにちは! KORKOの小林です。

同じ料理をお店で食べるのと家で食べるのとでは、少し味に違いを感じると思います。 それは、そのお店なりの隠し味が加えられていたりするからです。 普段使われている何気ないものが、味を引き立てることもあります。 できればお店に負けないような、自分なりの隠し味を見つけたいですね。

●隠し味に使える意外な食材5つ・・・(1)はちみつを入れてご飯を炊く・・どんなに料理が美味しくても、ご飯がマズければ台無しですね。そんなご飯の隠し味が「はちみつ」です。炊飯器で炊く際に、米3合に対して、小さじ1杯程度の少量を入れて溶かしてみて下さい。米の甘みが引き出され、ふっくらとした炊き上がりになります。 (2)ヨーグルトを味噌汁に入れる・・異色に感じるかもしれませんが、両者とも発酵食品である為、相性はとてもいいんです。ヨーグルトの酸味もなく、よく溶け込んでマイルドな味に。ダブルの乳酸菌の効果でお腹にもいいんです。 (3)チョコレートをミートソースに入れる・・一般的にはカレーの隠し味としてよく耳にしますが、ミートソースに入れても味がマイルドに、コクが出て深みも増します。また、オムライスにかけるデミグラスソースなどにもよく合います。 (4)イチゴジャムでサバの味噌煮・・甘いジャムを入れるなんて考えられないかもしれませんが、これがよく合うんです。魚の臭みが消え、身がふっくらします。砂糖やみりんの代わりに入れて下さい。 (5)コーラでお肉を調理・・コーラに含まれる炭酸は、お肉のたんぱく質を分解してやわらかくする効果があります。お肉をコーラに10~15分ほど漬けてから調理すれば、まるで高級ブランド肉のよう。豚の角煮を作るのに使うと、肉が柔らかくなるだけではなく、ほどよい甘みも加わって美味しく仕上がります。

家で隠し味の研究も良いですが、実際の外食での研究も参考になるし、楽しみですよね! そんな時にヘアースタイルがイマイチでは、ちょっとガッカリですね。

是非、KORKOにお越し下さい。ヘアースタイルをキレイにしてからの食事は、きっと気分も味も最高になるのではないでしょうか!!

お電話でのご予約もお受けしております。 TEL 03-3603-1255 心よりお待ちしております。

大人ニットの選び方

 

 こんにちは! KORKOの小林です。

着痩せの鉄則は全サイズ試着!! 大人女性のニットの選び方!

●「ローゲージニット」より、「ハイゲージニット」を選ぶ・・・素材にもよりますが、ローゲージのもの(ざっくり粗く編まれたもの)は、ハイゲージのもの(網目が細かく密なもの)よりも、カジュアルな印象が強くなります。また、ルーズシルエットのものが多くナチュラルで可愛い印象ですが、太って見えることもありますので、注意が必要です。  大人の着回しを考えるなら、インナーにも着ることが出来るハイゲージニットがおすすめです。

●試着で、「首回り」「フィット感」「肌触り」を確かめる・・・「私はMサイズ」と決めつけないで、面倒がらずに全てのサイズを試着してみましょう。 同じMサイズでもデザインによってフィット感が違いますので、「ほどよいよとりがあるか」「着心地が良いか」を試着で確認しましょう。特に、首回りの開き具合やデザインは、顔の印象を左右します。つまったものよりもVネックの方がすっきり見えます。 また、ガサガサやチクチクした素材のものは心までガサガサになるので、肌触りを重視しましょう。

●コスパブランドで毎年買い替える・・・くたびれたニットは、顔つきまでくたびれて見えてすまいます。高級なボロボロのニットを着続けるより、コスパブランドで毎年新しいものを購入して着る方がオシャレです。  オシャレの達人は、自分に似合うデザインのベーシックな白、黒のものを毎年買い替えていますね。

 新しく自分に合うニットを購入して、オシャレに極めたつもりでも、ヘアースタイルがイマイチだとちょっと残念ですね。

 ヘアースタイルもオシャレに極めませんか!? 是非、KORKOにお越し下さい。 お電話でもご予約をお受けしております。 

 TEL 03-3603-1255 心よりお待ちしております。

皮むけしにくくなる「唇ケア」

 

 こんにちは! KORKOの小林です。

 唇の皮がむけてこると、気になりますよね。ガサガサ唇は「手入れしていない感」がでてしまいます。

 ●唇の皮がむけた時に行うべきケア・・・まず”保湿” 唇は顔のなかでも皮膚が薄く、皮脂腺がないので、すぐに乾燥してしまうデリケートなパーツです。

まる皮がむけてしまった時にやりがちなNG 行動3つ・・・(1)グロスでごまかす・・荒れている唇にグロスをつけると敏感な唇に負担がかかり、慢性的な乾燥唇になる場合もあります。 (2)皮を無理やりはがす・・刺激が強すぎて出血したり、治りが遅くなります。皮はターンオーバーで自然ときれいになるものです。はがす行為はやめましょう。 (3)唇を舐める・・舐めると余計に唇の水分が蒸発してしまうので気をつけましょう。

●皮むけしにくくなる唇ケア・・・普段、こまめに保湿系のリップクリームを使いつつ、皮むけしやすい方は使っている口紅にも気をつけましょう。特に、ティントタイプや色持ちのいい口紅は刺激が強いので、荒れている時だけでも使用を控えましょう。  「寝る時の、リップクリーム+マスク もおすすめです。」

唇の皮むけは、季節に関係なく、誰にでも起こりうる問題です。特にこの時期は乾燥が激しい季節ですので、NG行動を控えてしっかりケアをしてあげましょう。

このところの乾燥は、本当にすごいですね! 唇と一緒にお顔の乾燥も心配ですよね? 是非、KORKOで もちもち・ふわふわ泡の洗顔エステ「ラテスパ」で、プルプル・もちもちのお肌と唇になりませんか?!

お電話でもご予約をお受けしております。 TEL 03-3603-1255 心よりお待ちしております。

温かい飲み物を飲み続けると・・・

 

こんにちは! KORKOの小林です。

 温かい飲み物を飲み続けると、体は逆に冷えていく!?

寒い季節には温かい飲み物をよく飲みますよね?しかし温かい飲み物を沢山飲んでも体は温まるどころか、その飲み物が体を冷やす原因となってしまうのです。 特に日本人に至っては、冷えの原因の大半が水分の摂り過ぎです。朝から晩までお茶やコーヒーなどを飲み続け、夜はお酒を飲み歩いている方は、注意が必要です。

熱代謝のしくみと、水分と熱の関係・・・人は食べた物を内臓で消化・吸収し、呼吸によって取り込んだ酸素でこれらを燃焼してエネルギーを得て生活しています。最後に代謝熱が残りこれを呼気や汗、便などで排熱します。最も多く排熱しているのは、全身の皮膚面です。 とても重要な身体機能で、皮膚から熱と水分を捨てることが出来ないと、息が出来ないのと同じ状態と考えて下さい。 水が気化するように体の熱を捨てるためには、皮膚面が常に温かい状態に保たれていなければいけないのです。

過剰な水分は皮膚の表面温度を下げる・・・水分を多く摂ってその排泄が追いつかなくなると、その水分は皮下に停滞します。停滞した水分で皮膚面の温度が低くなると皮膚から代謝熱が気化、排熱できず、皮膚への血流が乏しくなり、ますます皮膚面が冷やされ悪循環に陥ります。 水分というのはホットでもアイスでも同じです。常温で放置、時間がたてば同じ温度になります。ホットは一時的に体を温めてくれますが、体内での消化吸収で考えれば同じ「水分」です。

寒いとトイレが近くなる理由・・・冷えるとトイレが近く頻尿になりますが、これは冷えによって全身の皮膚面が冷えて密閉されるために皮膚排泄ができずに代謝熱が体内にこもるので、尿という温水にして頻繁に熱を排泄することでオーバーヒートを防ごうとしているからです。

熱のこもりが風邪をまねく・・・風邪の症状は様々、喉や頭が痛くなる、鼻水、セキそれら全て体が熱を捨てているからなんです。したがって体を温めることが風邪予防につながります。温かい飲み物で温めようとしても、過剰に摂取するとそれは余分な水分となり、逆に体を冷やすことになります。 コーヒーや紅茶の代わりに生姜湯を飲んでみたり、シャワーではなく温かいお風呂に入る習慣が大切です。 人それぞれの運動量に合わせて、水分摂取を心がけましょう。 

冷えを気をつけて十分にお風呂に入っても、頭皮の状態を考えてのマッサージシャンプーまでは、なかなか出来ないですよね?

この乾燥の季節の頭皮ケアに、「ヘッドスパ」いかがでしょうか?! どうぞ、KORKOへ起こし下さい。 お電話でもご予約をお受けしております。

  TEL 03-3603-1255 心よりお待ちしております。

腸内美化に◎な味噌って?

 

 こんにちは! KORKOの小林です。

お味噌売り場に行くと、さまざまな種類の味噌が並んでいますが、その違いをご存知ですか?

●知っているようで知らない!?味噌の違い・・・「甘口と辛口の違い」塩加減の違いだけでなく、大豆と麹の比率でも変わります。麹が少ないお味噌は辛口になります。 「色の違い」味噌の色は「メイラード反応」といって、発酵熟成中に大豆のアミノ酸と糖が反応して起こる変化です。ですから、熟成期間が長いほど色の濃いお味噌になります。 「原材料の違い」一般的な味噌と白みそは、大豆と米麹で作られています。白みそは、発酵の過程で茶褐色にならないように、大豆の皮をむき、2週間程度の短期熟成で完成します。 中部地方で食べられる豆味噌(八丁味噌)は、大豆に直接麹筋を吹き付けて発酵させて作るため、大豆と麹菌以外の材料が含まれていません。

●目的別!味噌の選び方・・・「抗酸化力なら(八丁味噌)」 味噌は、茶褐色が濃いほど抗酸化力が強くなります。米や麦を使っていない八丁味噌は、大豆由来の抗酸化成分が多く、米味噌や麦味噌より抗酸化力の強い味噌です。八丁味噌には独特の酸味があり、お味噌汁だけでなく、味噌ディップやドレッシングの隠し味に入れても美味しいですよ。 「腸内美化なら(麦味噌)」麦みその材料となる大麦には、白米の約20倍の食物繊維が含まれています。その食物繊維の約6割が、ヤセ菌や善玉菌のエサとなる水溶性食物繊維。ですから、腸内環境美化には麦味噌がおすすめです。

どの種類の味噌を選ぶにせよ、せっかくの発酵食品ですから、発酵を止めてしまったお味噌ではなく、「無添加」「生みそ」と記載されている発酵を止めていないお味噌を選びましょう。

毎日の食事から気をつけて、身体の内側からキレイになったら、外側もキレイになりましょう!! ヘアースタイルがイマイチだと何だか決まりませんよね?! 是非、KORKOにお越し下さい。 心よりお待ちしております。

お電話でもご予約をお受けしております。 TEL 03-3603-1255

口臭の原因の9割がコレ!?

 

 こんにちは! KORKOの小林です。

近年、臭いによるハラスメント ”スメルハラスメント” と言う言葉が聞かれるようになり、自分や他人の口臭や体臭などの”臭い”に敏感な話題が増えています。 特に口臭は気にする方が多い一方で、自覚症状の無い方も多くみられます。 口臭の定義や起こるメカニズム、口臭予防するケア方法などをご紹介します。

●口臭の主な原因・・・(1)生理的口臭:本来の口の臭い。 (2)外因的口臭:食事による口の臭い。 (3)病理的口臭:歯周病や虫歯による口の臭い。 (最近ではこの他に「心因的口臭」と言う、口臭は無いのに本人だけが口臭があると思い込み、神経質になってしまうというケースもあります)

●口臭の原因の9割!虫歯と歯周病・・・そもそも虫歯や歯周病になってしまう原因は、歯の表面や歯周ポケットに溜まったプラークです。 ”プラーク”を食べカスなどが固まった汚れと言うイメージを持っているようですが、実は、沢山の細菌と細菌が作りだした物質によって出来ています。その細菌の中には虫歯菌や歯周病菌が含まれ、臭いを発することで口臭の原因になります。

●歯周病が起きるメカニズム・・・様々な歯周ポケット・歯ぐきの炎症の総称で、歯槽膿漏・歯肉炎・歯周炎を含みます。起きる原因としては、歯周ポケットにプラークが溜まり、歯ぐきが炎症を起こすことから始まります。

●虫歯や歯周病による口臭のケア方法・・・日本人の7割は虫歯になっているというデータもあり、日頃からブレスケアをしても口臭が消えないとお悩みの方は、虫歯が原因かもしれません。 虫歯や歯周病になってしまったらクリニックできちんと治療を受け、そうなる前から、予防としてクリニックでのケアをおススメします。  口臭予防だけでなく、口の中全体の健康ケアの為に、是非、日頃からのクリニックでの予防ケアと相談は大切ではないでしょうか。

 自分や他人の口臭は周りに不快感を与えてしまいますが、身だしなみが整っていないのも気になりませんか? ヘアースタイルが決まっていないと自分自身のテンションが上がりませんよね! 是非、KORKOへ起こし下さい。 キレイになって今年一年を気持ちよく行きましょう!!

お電話でもご予約をお受けしております。 TEL 03-3603-1255 心よりお待ちしております。