ホーム>新着情報>腸活に◎「舞茸」の食べ方
新着情報

腸活に◎「舞茸」の食べ方

こんにちは!

korkoの小林です。

 キノコは、野菜と同じ様に食物繊維が豊富な食材ですが、実は野菜より腸活に効果的であることをご存知ですか?

●野菜とキノコの食物繊維は違う!・・・キノコには、βーグルカンと呼ばれる食物繊維が豊富に含まれています。

●野菜より効果大!?キノコが腸活に役立つ理由・・・βーグルカンは、善玉菌を増やし悪玉菌を減らして腸内フローラをいい状態に保つ働きの強いことが、わかっています。 また、キノコの中でも舞茸には、他のキノコのは含まれていない「MXフラクション」という成分が含まれています。「食後の糖の吸収を穏やかにする」「コレステロールの吸収を抑える」など、ダイエットのサポートとなる働きがあることがわかっています。

●腸活になる舞茸の保存方法と効果的な食べ方・・・「保存法」傷みが早いので、すぐ食べない時は、小房に分けて冷凍し、調理の際には冷凍すると栄養分が溶け出すので、冷凍のまま使います。

「効果的な食べ方」(1)1日50gを目安に食べる。(2)汁物で食べる・・・食物繊維の中には、水に溶け出してしまうものがあります。MXフラクションも水に溶ける性質があります。汁ごと全部食べる調理法がおすすめです。

秋に出回る天然舞茸は、とても香りが良く美味しいのが特徴です。旬の舞茸を食べて美味しく腸活したいですね。

この所、気温のアップダウンが激しい日が多く、体調を崩している方も多いのではないでしょうか? 腸活で免疫力を上げてこれからのシーズンを乗り切りましょう!!

その為にも気分を上げて行きたいですね!  キレイになると自然と気持ちもアップしませんか?

どうぞ、korkoにいらして下さい。キレイになって年越ししましょう!

お電話でもご予約をお受けしております。

 TEL 03-3603-1255 心よりお待ちしております。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.korko.tokyo/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/309