ホーム>新着情報>ヨーグルトを味噌汁に!?
新着情報

ヨーグルトを味噌汁に!?

 

 こんにちは! KORKOの小林です。

同じ料理をお店で食べるのと家で食べるのとでは、少し味に違いを感じると思います。 それは、そのお店なりの隠し味が加えられていたりするからです。 普段使われている何気ないものが、味を引き立てることもあります。 できればお店に負けないような、自分なりの隠し味を見つけたいですね。

●隠し味に使える意外な食材5つ・・・(1)はちみつを入れてご飯を炊く・・どんなに料理が美味しくても、ご飯がマズければ台無しですね。そんなご飯の隠し味が「はちみつ」です。炊飯器で炊く際に、米3合に対して、小さじ1杯程度の少量を入れて溶かしてみて下さい。米の甘みが引き出され、ふっくらとした炊き上がりになります。 (2)ヨーグルトを味噌汁に入れる・・異色に感じるかもしれませんが、両者とも発酵食品である為、相性はとてもいいんです。ヨーグルトの酸味もなく、よく溶け込んでマイルドな味に。ダブルの乳酸菌の効果でお腹にもいいんです。 (3)チョコレートをミートソースに入れる・・一般的にはカレーの隠し味としてよく耳にしますが、ミートソースに入れても味がマイルドに、コクが出て深みも増します。また、オムライスにかけるデミグラスソースなどにもよく合います。 (4)イチゴジャムでサバの味噌煮・・甘いジャムを入れるなんて考えられないかもしれませんが、これがよく合うんです。魚の臭みが消え、身がふっくらします。砂糖やみりんの代わりに入れて下さい。 (5)コーラでお肉を調理・・コーラに含まれる炭酸は、お肉のたんぱく質を分解してやわらかくする効果があります。お肉をコーラに10~15分ほど漬けてから調理すれば、まるで高級ブランド肉のよう。豚の角煮を作るのに使うと、肉が柔らかくなるだけではなく、ほどよい甘みも加わって美味しく仕上がります。

家で隠し味の研究も良いですが、実際の外食での研究も参考になるし、楽しみですよね! そんな時にヘアースタイルがイマイチでは、ちょっとガッカリですね。

是非、KORKOにお越し下さい。ヘアースタイルをキレイにしてからの食事は、きっと気分も味も最高になるのではないでしょうか!!

お電話でのご予約もお受けしております。 TEL 03-3603-1255 心よりお待ちしております。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.korko.tokyo/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/340