ホーム>新着情報>外食時に出来る、減塩のコツ
新着情報

外食時に出来る、減塩のコツ

 

 こんにちは! KORKOの小林です。

仕事が終わる頃に、足ののむくみを感じたり、朝起きた時に顔のむくみを感じる。そんな経験のある方も多いのでは? 塩分の摂り過ぎは、むくみの原因の一つです。 自炊では減塩に気をつけることができても、外食となると減塩は難しいと諦めている方が多いかもしれません。

●1日7gまで!? 和洋中ごとの減塩のコツ

「和食店での減塩のコツ」・・・和食は意外と塩分が高いことをご存知ですか? 塩や醤油を使った料理が多く、気つ”かないうちに塩分を摂り過ぎてしまう可能性があります。特に汁物は1杯あたり約1.5gの塩分が含まれています。1日に2杯飲んでしまうと4割の塩分を摂ってしまうことに。しっかりとお出しを摂っているお店を選び、汁物は1日1杯、もしくは、朝食時と夕食時など半量を2回に分けていただくのもおすすめです。

「洋食店での減塩のコツ」・・・塩分が多く含まれているものに、ドレッシングがあります。サラダの注文時、ドレッシングがかかっている場合は別添えしてもらえるか尋ねる。または、ドレッシングをかけずメインの料理と一緒に食べるなど工夫しましょう。

「中華料理店での減塩のコツ」・・・塩分は、カリウムを十分に摂っていると、体内の塩分を体外へ排出してくれる働きがあります。多く含んでいるものは、ほうれん草、大豆、里芋、さつま芋、キノコ類、果物など。ラーメンよりは野菜がたっぷり入ったタンメンや、一品料理は、酢豚より八宝菜など、野菜をたっぷり摂れる1品をプラスしてみて下さい。

女性の1日の塩分摂取量の目標は7gに対し、現在日本人の塩分摂取量の平均は10gです。外食でもちょっとした工夫で塩分を減らすことができます。外食も楽しみながら減塩に挑戦してみましょう。

加齢とともに、成人病も気になるこの頃ですね。 日頃から気をつけることで健康な身体をキープしていきたいですね。  髪の毛や頭皮も日頃からのお手入れが大切です。とうぞ、KORKOにお越し下さい。  ヘッドスパやヘアートリートメンとでヘアケア、頭皮ケアをしませんか!?

お電話でもご予約をお受けしております。 TEL 03-3603-1255 心よりお待ちしております。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.korko.tokyo/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/343